インターン採用が社員にプラスの影響を与える理由とは!?株式会社ピアズにインタビュー!

「移動体通信業」に特化して業績向上のためのサービスをワンストップで手がけている株式会社ピアズ様にお邪魔してきました。お話を伺ったのは、ITソリューション事業部の金堂様と武藤様です。

株式会社ピアズは携帯電話の販売店への経営コンサルティングを中心に、セールスプロモーション、イベント、販売員への指導・教育など、多岐にわたる事業を展開している企業です。人材の雇用・育成にも一貫した考えをお持ちで、インターン生の満足度も非常に高く、活躍もしています。今回は同社のインターンに対する思いや考え方など、成功のポイントについて伺ってきました。

一人の社会人として成功体験をして欲しい

―インターンの募集(採用)を始めた理由は何ですか?

金堂様(以下、敬称略):もともと自分自身がインターンで入社したことが根底にあります。当時はまだ、インターンという制度がなかったので、アルバイトとして働き始めました。アルバイトを始めたのは大学1年生の頃ですが、一人の社会人として対等に接してもらいました。
アルバイトの後、入社してから5年経ちますが、一つの事業部を一任されるまでになりました。当時はまだ学生ではあったものの、一人のプロの社会人として扱ってもらったというアルバイト時代の成功体験は自分の成長のターニングポイントになっています。
自分のような体験をする学生をもっとたくさん生み出したいと考えています。一人の会社員として一緒に働きたいという方が弊社に来て働いてくれることはとてもありがたいですし、たとえ自社に勤めてくれなくとも、社会に良い影響を生み出す人財になるはずだと考えています。

―キャリアバイトというメディアを選んだ理由は何ですか?

金堂:使ってみて一番良い媒体だったからです。当初は並行して2,3の求人サイトを使っていましたが、キャリアバイトが一番応募の反応が良かったので選びました。

社員と対等に意見を出し合えるインターン生

―インターン生のご活躍状況はいかがですか?

武藤様(以下、敬称略):私からお伝えさせていただきたいです。インターン生は皆、社員と対等に意見を提言していて刺激をもらっています
恐らくインターンを始める上でまず壁となることは組織に馴染むことです。私たちはインターン生も社員も、ひとつのチームとして関係性を構築するようにしています。その結果、萎縮せずに社員と接することができる学生が活躍しています。

―インターン生がいることによってどんな影響がありますか?

武藤:シンプルに私たちが彼らからエネルギーをもらっていることが大きな影響です。インターン生はもっとがんばりたい、もっと成長したいという気持ちがとにかく強いです。自分の失敗を悔しがって、「出直してきます」という心意気でやってくれているので、私たちも彼らのために頑張ろうとしますし、彼らもまた、私たちのために頑張ろうという気持ちになってくれます。言葉と行動でお互いのことを想いながらコミュニケーションが取れているので理想的です。

金堂:キャリアバイトさんからの応募は、海外に留学している学生からの応募が多い気がするのですが、彼らは視野が広く、いろんな視点を持っているため刺激的です。

インターンを受け入れるための仕組みづくり

―インターンを受けいれるうえで気をつけていることはなんですか?

武藤:人間的な距離を縮める仕組みづくりをしていることです。
当たり前ですが学生が出社できない日も仕事は進んでいきます。インターン生同士でフォローができるように、社員が書くような日報をインターン生が書くような取り組みをしています。土日の休日を使って勉強会を開くことや、親睦を目的とした集まりを開くことも行っています。このように、密な情報共有やコミュニケーションをとることに重きを置いています。

金堂:また、実践経験を積めるということが挙げられます。
自社のインターンを志望してくる学生のほとんどは「コンサルタント」に興味をもってやってくる学生がほとんどです。コンサルタントという仕事には興味があるけれども、よくわからないので具体的にやらせてほしい、聞かせてほしいという事例が多い。自社では学生に惜しげなく開放する方針をとっています。お客様への訪問や同行にもインターン生を連れていき、フロントのコンサルタント、バック側の準備業務それぞれがどんな仕事をしてどのようにつながっているのか直接見せたほうがイメージが湧きやすい。情報収集から請求業務まで、一通りの事業を通して実務経験を積めるようにしています。

インターン採用はかかるコスト以上のリターンがある

―インターン生にかかるコストはどのように捉えていますか?

金堂:もちろんコストはかかりますが、コストパフォーマンスが高いです。
かかっているコスト以上のリターンがあると考えています。

―キャリアバイトを使ってみてよかったと思うところがあったらお願いします。

武藤:良い学生が多いです。応募してきた学生の中には連絡がとれない学生もいますが、実際に会った学生は採用できる場合が多いです。ですから、キャリアバイトさんはマッチの精度が高い媒体だと感じています。実際に採用した学生も、潜在能力が高く、やる気があり、成長意欲の高い学生が多いです。

仕事の楽しさ・やりがいを見つける支援をしたい

―将来的にインターン生に期待することは何ですか?

金堂:前向きで意欲的な状態で働く、仕事を楽しめる人になってほしいです。
私たちが提供できることは、弊社の13年間の歴史から来る成長のロールモデルの一例ですが、弊社に来てくれる学生には多様な経験を与え、仕事の楽しさ・やりがいを見つける支援をしたいと考えています。
最終的に弊社に就職しなかったとしても、社会に貢献できる人財になってほしいと考えています。弊社のインターン採用も目的のひとつに、社会人と対等に渡り合える学生に育てるというものがあります。インターン生には多様な経験を通して新しい発見をたくさんしていってほしいと考えています。

―ありがとうございました!

編集後記

社会に貢献できる人材を生み出すという信念のもと、インターン生を一生懸命育てている様子がうかがえました。
具体的には、成長意欲を失わせないこと、実践経験を積ませること、コミュニケーションをしっかり取ることを意識して、人材を育成しているようです。インターンは単なる負担ではなく、自社や社会にリターンが帰ってくるという考えで社会の財となる“人財”育成を行っているのが印象的でした。
採用や育成に対する考え方や環境づくりなど、是非参考にしてみてはいかがでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

HeRman編集部

これからの新卒採用がわかる人事向け専門メディア、HeRman[ヘルマン]です。最新の新卒採用手法の基礎知識、成功ノウハウ、採用ツールなど様々なコンテンツを提供し、変化する新卒採用市場において人事の皆様にお役立ちできる情報をお伝えします。