営業職における長期実践型インターンシップのポイントをご紹介!

実践型インターンを取り入れる企業が増えてきて、学生が在学中から企業で活躍する姿も多く見られるようになってきました。

そうはいっても、初めてインターンを取り入れようとするとき、「学生ってどのくらいできるの?」「どこまで任せられるの?」こんな疑問はつきものです。

このシリーズでは、職種別に学生に任せている仕事やその成果をご紹介します。

営業インターンの王道、新規開拓営業

新規営業に欠かせないのがアポインターの存在。インターン生はテレアポを通じて、社会人としての振る舞いや自社商材の説明ができるようになり、アポイントも取れるので一石二鳥です。パフォーマンスを上げるためのPDCAを回せるようにフィードバックをすることで、インターン生も成長を感じて意欲的に取り組みます。

その後、アポイントに同行して営業を学び、実力に応じて一人で営業に行きます。入社2か月目で売り上げを立て始める学生もいます。

交流会・展示会に参加!名刺交換でアポゲット

「テレアポでがつがつ電話をかける社風じゃないよ…」「指導に営業マンの時間が取れない、でも新規開拓はしたい…」こんな場合でも大丈夫です。

時間的・人的コストを最小限に抑えて、指導や育成の仕組み化をしなくてもできる方法が、交流会や展示会など自社の営業フィールドに出すことです。名刺交換など基本的なビジネスマナーを教えて、あとは設定した目標アポゲットを目指させます。自社の説明ができるようになるために商材の勉強をしますし、学生にとっても多くの人に出会える機会は魅力的です。

獲得したアポイントに対して同行させることで学生のモチベーションもアップします。

営業サポートで、気が利く学生を活用する!

ルート営業の場合や、受注からその後のフォローがメインの営業スタイルの場合、クライアント対応のサポートがインターン生の活用に有効です。

案件が多くなってきて、1クライアントに対する業務を分業し、提案・報告資料の作成などの仕事を切り分けて任せることができます。

オフィスワークでテキパキ仕事ができるようになれるというのは、秘書・事務志望の学生から人気です。営業部にとって「電話・来客応対」を若くて元気な学生がやってくれることは、助かりますし対外的にも魅力ではないでしょうか。

飛び込みもあり!!!

先輩社員の担当エリアに学生を同行させて、一緒に飛び込み営業をするのもアリです。

1件1件は一人で訪問するものの、ある程度一緒に動くので仕事の仕方を定着させられます。中途では、飛び込み営業に抵抗があるという人材も多いですが、インターン生は「やってみたい」「度胸をつけたい」など前向きな気持ちで志望するので、先入観もなく取り組みやすいのです。

営業はしません。反響営業での電話応対

お客様の問い合わせに対しての営業も、インターン生の活躍のしどころ。長ければ1年以上もインターンをするので、仕事を覚えてから長期で働いてくれます。インターン生がインターン生に指導する仕組みも作りやすいです。

受注率アップの施策など、数字への意識付けをすることで、営業チームを率いるような人材に育てることも可能です。

イベント・展示会での実演販売

若さや元気を持ち味にして、新しいアイデアを出しながら営業できるため、BtoCの営業は学生であることがよりプラスに働きやすいケースが多いです。

また、チームで取り組みやすいスタイルなので、学生チームを作って目標を設定して、競い合わせることがさらなる効果を生む秘訣です。

おまけ:インセンティブってどのくらい?

インターンと言っても営業職。報酬にインセンティブをつける場合がほとんどです。その基準は企業によって様々ですが、下記が一例になりますのでご参考までに!

  • 1アポゲット=1,000円
  • 売上目標達成に対して30,000円
  • 成約した金額の10%

基本給として、時給1,000円や日給8,000円が相場です。基本給は抑えつつも、成果に対してはしっかりと評価をすることで学生の今後の成長意欲を高められます。

まとめ

インターン市場では営業は人気職です。学生からは、働くことの厳しさを学べつつ、社会人としてのビジネススキルやマナーも身につけられるというプラスのイメージがあります。

採用に向けては、経営者層を相手に営業できるインターンや、学生チームで取り組めるインターンなど、特徴を持たせることがおすすめです。

こちらの記事では、実際に実施されている不動産業界の「営業職」長期インターンシップを5つご紹介しております。インターン生に任せている仕事内容から勤務日数・時間、各企業での長期インターンシップのポイントまで触れておりますので、ぜひご覧ください。

【事例紹介】不動産業界の「営業職」長期インターンシップ5選

2016.11.04

そして、長期実践型インターンシップの魅力や活用ポイントがわかる資料のダウンロードをこちらからダウンロードしていただけます。ご活用ください。

長期実践型インターンシップ基本資料

2016.11.15

ABOUTこの記事をかいた人

金子麻里奈

株式会社アイタンクジャパン営業企画マネージャー兼人事。企業向けに長期インターンシップ導入支援を行い、実績は100社以上。自社セミナーの講師も務める。大学生と企業をつなぐ、良質なインターンシップの普及に邁進中!趣味は手料理。