CATEGORY コラム

コラム

短期インターンシップ参加者からの本選考エントリー率を高めるには?

短期インターンシップの目的は、自社のターゲット人材と出会うこと、そしてその人材の入社意欲を上げる、つまり本選考へエントリーしてもらうことです。しかし、短期インターンシップの参加者は多かったのに本選考にエントリーしてくれる学生は少ない…というお悩みをお持ちの方、多いのではないかと思います。そこで今回は、短期インターンシップ参加者からの本選考エントリー率を高める方法をご紹介していきます。

コラム

インターンをよりよくするために重要なこと 〜採用活動編〜

長期インターンシップを導入している企業が近年増えていますが、新卒採用や中途採用のように採用基準や選考フローが最適化されている企業は少ないのではないでしょうか?企業・学生にとって「お試し期間」の意味合いもあるインターンシップですが、できるだけミスマッチを減らし、活躍可能性の高い人材を採用するために、長期実践型インターンシップ求人サイト「キャリアバイト」を活用したインターン採用の効率化の方法をお伝えします。

コラム

【事例つき】内定者インターンシップによって得られる3つのメリットをご紹介!

通常、採用活動の一環として行われるインターンシップですが、内定者を対象としたインターンシップ(内定者インターンシップ)が行われています。
なぜ就職活動を終えたはずの内定者を対象とする必要があるのでしょうか。また、学生もなぜ内定を取得した後にインターンシップに参加するのでしょうか。
それは、内定者インターンシップをすることで、企業、内定者双方に大きなメリットがあるからです。そのメリットとは何なのか、こちらの記事でご説明していきます。

コラム

【給与体系別で見る】学生に人気の長期インターン9選!

短期インターンシップは体験型・見学型のため無給であることが多いですが、長期インターンシップは実践型・実務型のため有給であることがほとんどです。今回は、長期実践型インターンシップ求人サイト「キャリアバイト」で多くの応募を集めている人気の長期インターンシップを給与制度別にご紹介し、人気長期インターンシップにはどのような共通点があるのか考えていきたいと思います。

コラム

【実施日数別で見る】学生に人気の短期インターンシップ7選!

新卒採用の本選考の時期がもうすぐ終わろうとしています。となると、今度は次の代の学生に向けたサマーインターンですよね。学生のみならず企業にとっても優秀な学生の取り合いが本格的に始まるインターンは気が抜けない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は19卒の学生に人気だったインターンシップをご紹介します!プログラムを組む際などのご参考にしてみてはいかがでしょうか。

コラム

インターンシップを単位認定する大学が増加中!

文部科学省の調査によると、インターンシップを単位認定している大学が年々増加しているとのことです。今回は、インターンシップを単位認定している大学の割合の詳細と、単位認定をしている大学について紹介していきます。また、単位認定の条件に沿ったインターンシッププログラムを組むことで生まれるメリットについてもご説明します。

コラム

【有名企業10社の事例つき】人事担当者必見!!大手で広がる長期実践型インターンシップ

近年、幅広い企業での導入が増えているインターンシップ。特にここ最近では、誰もが知っているような有名企業でインターンシップ実施が活発になってきています。募集をかければすぐに人が集まりそうな有名企業で、敢えてインターンシップを導入する理由とは何なのでしょうか?

コラム

使い分け解説!サマーインターンシップとウィンターインターンシップの違いとは?

近年はサマーインターンシップに加えて、ウィンターインターンシップというものも実施されるようになりました。サマーとウィンター、違う点は時期だけじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ほかにも違う点があります。今回は両者の違い、新卒採用につなげる効果的な使い分けについてご説明いたします。

コラム

【19卒対象】サマーインターンシップ参加学生の声から好評なインターンシップの傾向を調べてみました

人事担当者の方で、他社がどんなインターンをしているのか、学生はどんなインターンへ参加したいと思っているのか、気になる方も多いかと思います。19卒の学生から、サマーインターンへ参加した感想についてのアンケートをとりました。これをもとに、学生の求めるインターンとはなにか、お話していきたいと思います。

コラム

雇用側は103万円の壁とどう付き合うのか。有給インターン生の給料と扶養問題を考える

インターン生、人事担当者、双方がこの時期に悩みの種となるのが「扶養問題」。扶養問題とは、「給与所得が103万円を超えることで、扶養者控除が受けられなくなる」こと。今回は実際の事例を踏まえながら、インターン生の所得問題についてお話していきます。