コラム

【その言動、大丈夫?】上位校学生は人事のここを見ている!

2018年も残り1ヶ月となりましたが、年が明けてからは2020年卒の新卒採用が本格的に始まりますね。すでに多くのご担当者様が、新卒採用に向けて取り組まれていることと思います。今回、上位校学生に『人事のどこを見ているか』についてインタビューしたところ、人事の何気ない言動により、その企業に対する志望度が変化したという学生も多く見られました。中には意外な観点もあり、それらを学生の意見とともにまとめました。『自社の顔としてどういった点に気をつければいいか』を考えるための参考にお使いください。

その他新卒採用チャネル

【上位校学生に聞いた】学生は座談会で企業を見ていない!?

現在、採用活動の一環として座談会を取り入れる企業が多く見られます。採用活動をしているご担当者様も、「どういった座談会をすれば、多くの学生に自社の魅力づけができるだろう」と一度は悩まれたのではないでしょうか。今回、上位校学生に座談会に関するアンケートを実施したところ、アンケートの結果から、企業と学生の座談会に対する認識には、すれ違いがあることがわかりました。そのすれ違いが引き起こす問題とその対策についてまとめましたので、今後の採用活動にお役立てください。

インタビュー

上位校学生に聞いた!入社の決め手となった内定者フォローは?【関西編】

2019年卒業予定学生の就職活動は昨年同様、学生優位の売り手市場でした。そのため、複数社から内定を得た学生も多く「どのような内定者フォローが効果的なのか」と悩まれたご担当者様も多かったのではないでしょうか。

そこで今回は、上位校学生が集まるイベントスペース「iroots LOUNGE」を利用している学生を対象に「入社の決め手となった内定者フォローに関するエピソード」を集めました。学生3人の実体験をお届けしますので、2020年卒業予定の学生の採用活動にお役立てください。

インタビュー

【20卒の声】サマーインターン、ぶっちゃけどうでした?

学生の夏休みが終わり、サマーインターンの成功・失敗ポイントの振り返りなどを行われている採用ご担当者様も多いのではないでしょうか。「学生がどんなインターンに参加したのか」「学生がインターンシップに参加してどう思ったのか」など、特に「学生のリアルな反応」は気になるところだと思います。今回は、上位校学生が集まるイベントスペース「iroots LOUNGE」を利用している20卒学生を対象にサマーインターンシップの感想についてインタビューしました。学生の「リアルな声」を知り、今後のインターンシップの企画に活かしていただければ幸いです。

インタビュー

【後編】「現役世代人口増加を学生の力で加速させる」市長直下の長期実践型インターンシップの取り組み

大阪府四條畷(しじょうなわて)市にて、2017年10月より現役世代の人口増加、若い世代が住みたくなる街づくりを掲げ、その取り組みを担う人材として大学生を登用することを目的に半年に及ぶ長期実践型インターンシップが実施されました。今回は、初めての長期実践型インターンシップを経て、東市長と参加したインターン生3名よりお話を伺いました。インタビューの後半は長期実践型インターンシップ導入にあたり苦労した点、市役所での長期実践型インターンシップが学生に提供できるもの、最後には、今後の四條畷市の長期実践型インターンシップの展望についてもお話いただきました。

インタビュー

【前編】「地方創生の新たなモデルを」市長直下の長期実践型インターンシップの取り組み

大阪府四條畷(しじょうなわて)市にて、2017年10月より現役世代の人口増加、若い世代が住みたくなる街づくりを掲げ、その取り組みを担う人材として大学生を登用することを目的に半年に及ぶ長期実践型インターンシップが実施されました。今回は、初めての長期実践型インターンシップを経て、東市長と参加したインターン生3名よりお話を伺いました。インタビューの前半では、東市長より半年間の長期実践型インターンシップ実施による具体的な成果やその取り組みについてお話いただきました。

コラム

短期インターンシップ参加者からの本選考エントリー率を高めるには?

短期インターンシップの目的は、自社のターゲット人材と出会うこと、そしてその人材の入社意欲を上げる、つまり本選考へエントリーしてもらうことです。しかし、短期インターンシップの参加者は多かったのに本選考にエントリーしてくれる学生は少ない…というお悩みをお持ちの方、多いのではないかと思います。そこで今回は、短期インターンシップ参加者からの本選考エントリー率を高める方法をご紹介していきます。

コラム

採用担当者必見!学生にとって好印象な企業セミナーとは?

採用活動をするにあたって必要不可欠となるのが「企業セミナー」ですよね。学生にとって、企業セミナーは志望企業の方向性や、今後のエントリー企業を決める重要な要因となります。今回の記事では、学生が思う印象のよかった・悪かった企業セミナーの理由を挙げて、今後どのようなセミナーを実施するべきかを見極めていきます。学生に好印象を持ってもらえるセミナーを実施し、本選考の母集団形成につなげていきましょう。

コンサルティング事例

学生100名の営業組織を創る株式会社StepHouse様にインタビュー!

7名の社員で、インターン生100名からなる営業部隊を組織する株式会社StepHouse様にインタビューさせていただきました。住宅設備機器の訪問販売を主力事業とし、インターン生がプレイヤーから後輩育成・組織マネジメント、営業管理まで担っています。今回お話を伺ったのは、創業から事業・組織作り全般に携わっている西森様。一般的に退職率が高いとされる訪問販売の世界で、どのようにインターン生が活躍する仕組みを作ってこられたのかを伺いました。

インタビュー

失敗と経験から見えてきたインターン生の厳選採用。株式会社フォースウェーブの採用ポイントを伺ってきた!

今回は、クルーズ予約管理システム「Cruise World」の開発を行う、株式会社フォースウェーブの代表取締役の南社長にインタビューをさせて頂きました。インターン生には、観光ツアーの翻訳作業やポータルサイトの運営を任せています。インターン生が利益を生み出す仕組みを築いている同社に、インターン生による成果やこれからのインターン採用のビジョンを伺いました。

インターンシップ

スカウト勉強会 ー最小限の工数でターゲット人材だけに会いたい方ー

検索軸の設定、スカウトメール文面の作成を行います。スカウトメールでは、1送信1採用を実現する事例もあります。選考工数の最小化や採用スピードアップにも有効ですので、ぜひご活用ください。各企業様の採用ターゲットに応じて、検索軸の設定とスカウト文面作成をサポートします。

インターンシップ

原稿作成勉強会 ー応募数を増やしたい、ターゲット人材からの応募率を高めたい方ー

求人原稿を添削します!応募数アップのための求人原稿作成勉強会キャリアバイト上での学生の導線、同業界・同職種の傾向を踏まえた求人原稿の作成をワークショップ形式で行います。最近の求人の募集条件の傾向、応募促進やターゲット人材の絞り込みに便利な機能の使い方についてもお伝えします。